貝殻の舟  素材 貝殻、竹、漁網、膠、ナウマンゾウの化石 H0.5×W0.5m×D9m「瀬戸内国際芸術祭2016」SOKO LABO 粟島海洋記念館 2016年
日本初の海員学校の教室の手焼き硝子の窓ごしに見えるゆがむ景色は海の中のようだった。
そこに貝殻の舟が浮かんでいるイメージを見た。海底遺物をテーマに、瀬戸内海の底から引き揚げられたナウマンゾウの化石とともに
貝殻の舟は、教室に突き刺ささるように埋まっている。 (Soko Laboは日比野克彦ディレクションの海底遺物をテーマにしたプロジェクト)
貝殻舟―シラヤ
むこのみなと
渦の木舟
天目岩―貝殻の塔
松と舞う環状列石
アルプスの湖舟
水中花山
カオスナヤカタ
貝殻の舟
石舟花輪
しらゆう
花籠
焼火磐境
貝つむぎ
米絵
うつつゆめ
尾道カラーサークル
半泊磐境
みなものあや
塩の道
海ノ口レイクヘンジ
Jara stone circle
海の庭
蟹田ストーンサークル
胞衣の舟
磐絵土間
舟としてのまなざし
墓家
神庭
丸石座
苔庵―うつぼ舟

踊り
舞台美術

信濃の国 原始感覚美術祭

略歴
contact